メインイメージ

購入するメリットとは

中古車オークションで車を購入するメリットとは

中古自動車の買取や販売を行なっているといった店舗は日本全国に多々存在していますが、店頭で販売している自動車は何も個人から買取った自動車ばかりではありません。
中古車オークションで落札した自動車に自社の利益となる金額を上乗せした価格で販売しているといったケースもあるため、店頭販売されている自動車も一度は中古車オークションに出品された可能性があると言えるのです。
そして以外に知られていませんが、中古車オークションで落札した自動車を店頭販売したり海外輸出したりせず、そのまま個人の乗用車として登録することが可能となっています。
そのため中古車オークションを利用して目当ての自動車を購入したという実例はいくらでもあり、個人営業を行なっている中古車バイヤーの中にはオークションへの代行参加を低価格で受け付けてくれているといった方も少なくないのです。
では中古車販売店からではなく中古車オークションで自動車を購入するとしてどのようなメリットがあるのかというと、オークションでの落札した金額さえ支払えばそれ以上の出費が不要であるという点がまず挙げられます。
仲介業者が金額を上乗せして店頭で販売している中古車は、オークションでの落札価格に10万円から20万円程度の上乗せがなされています、中古車オークションで落札してしまえば店頭で購入するより10万円から20万円程度、車種によっては30万円以上安い金額で中古車を買うことが可能であるということなのです。
自動車整備工場で走行性能や整備状態を確認してもらうまでもない状態のいい中古車の場合販売業者を通さずオークションで直接落札してしまったほうが圧倒的にお得であり、中古車バイヤーの方にオークション参加代行依頼を出すとしても仲介業者の実車販売上乗せ金額より格段に安い費用で済むため、購入したい車種やメーカーが予め決まっているようなら中古車販売店ではなく中古車オークションを利用したほうがいいということを覚えておくといいでしょう。
中古車オークションはオークションが開始される前に出品される自動車の状態や整備状況をチェックできる時間が必ず備えられています、そのためスペックの詐称などはほぼ不可能だと言えるため質の悪い中古車を高品質の車だと騙されて落札してしまうかもしれないといった不安は持たずともいいと言えます。
中古車を買い換えるときには店頭販売の自動車だけでなくオークションに出品されている自動車にも注視することを推奨します。

最近の投稿